乃木坂46 橋本奈々未が貧乏だった!その人生を変えた人物とは


乃木坂46の橋本奈々未さんが貧乏だと言われていますが、その貧乏さが普通に想像できるものではなかったそうで、その過酷さに驚く周りの反応がすさまじいものになっているんです。

スポンサードリンク


 

乃木坂46の橋本奈々未のプロフィール

名前 橋本奈々未

愛称 ななみん

生年月日 1993年2月20日

出身地 北海道旭川市

身長 163cm

血液型 B型

趣味 読書 散歩 バスケットボール観戦 長風呂をすること

 

橋本奈々未さんは2011年8月に乃木坂46の第一期メンバーオーディションに合格し、1期生として活躍しているメンバーで、「ななみん」という愛称で親しまれているメンバーの一人です。この橋本奈々未さんのすごいところは、全シングルで選抜・福神入りをしているということです。

橋本奈々未さんがデビューとなったシングル「ぐるぐるカーテン」から「太陽のノック」までそ全てで選抜・福神入りをしていることから、メンバーの白石麻衣さんと松村沙友理さんを加えて御三家とも呼ばれるほどの人気メンバーなんです。

そんな橋本奈々未さんは意外にも小学4年生の時の全国模試で1位をとるほど頭がよく、将来は弁護士になることを夢見ていたそうですが、高校3年生の夏にバスケットボールのマネージャーを引退し、その後は居酒屋や焼肉屋でアルバイトをしながら、ここで進路を大きく変えているんです。

それは美術大学への進学だったんです。この美術大学へは進学はできたものの、ここで大きな問題があったそうで、橋本奈々未さんの出身は北海道。進学先は東京都になるわけです。ここでの大学や学費、生活費を全て自分自身で働いて稼いでいたと言われているんです。

これは単に親に頼りたくなかった・・・・。ということから自分で全ての生活費と学費を稼いでいたと言われています。ただこうした生活の現実はかなり難しく生活自体をやっていくにはかなり無理があったそうで、食費にはおにぎり1個の生活が当たり前であったようですね。

また美容室にいくお金も切り詰めないといけないくらいだったそうで、カットモデルをして美容院代を節約していたそうです。しかもこの1回のカット代が食費2週間分だというから驚きです。そこまで切り詰めないと生活が難しかったということなんです。

 

貧乏から脱出!乃木坂46に入ったのはこのため!

ここまでの話を見てきて思ったのが、両親思いのいい子どもだということです。しかし逆にいってしまえば、親に学費や生活費を支援してもらう余裕がなかったということかもしれません。美術大学は武蔵野美術大学へ通っていたそうですが、学費や生活費の自己負担はかなりのものだったようです。

こんな時期が始まった、大学1年の夏にインターネットで乃木坂46の1期生オーディションをみつけ応募したことがきっかけだったそうで、この応募に見事、2011年8月21日に合格したわけです。そもそもこのオーディションに応募した理由が「ロケ弁が食べられる」という理由からです。

当時、乃木坂46に入る事よりも、ごはんが食べたくて芸能界に入ったというほうが正しかったようです。また芸能界に入れば、橋本奈々未さんが言っていた「ロケ弁が食べれる」意外にもグルメロケなどで他の食事にもありつける!

という考えがあったそうですね。このご飯が無料で食べれるという考えがただ安易に口にしたわけではなく、これまでの過酷な貧乏大学生活から脱出するために追い込まれてしてしまったことだったんです。

また当時を振り返って橋本奈々未さんはこの貧乏な生活に対して奪回させるためにオーディションを受けたわけなんですが、オーディション中にはこんな言葉も話していたそうです。「いっぱい食べれます」だったようです。

 

橋本奈々未のヘアスタイルは貧乏なために出来上がったスタイル!

乃木坂46の中でも特に顔面偏差値が高い一人として橋本奈々未さんがいるわけですが、このルックスを何より際立出せていたのが、ショートヘアだったんです。このショートヘアはもともとは橋本奈々未さんが自身で気にいってショートヘアにしていたわけではなさそうなんです。

というのも当時、大学1年生だったころの橋本奈々未さんは学費、生活費など全てをアルバイトなどをして稼いでいたわけですが、このやりくりの中のカット代がかなりの値段を使うことになっていて困っていたそうで、食費にあてるために、カット代をカットモデルをすることでタダにしていたそうです。

 

カットモデルってどんなもの?

カットモデルときくと、無料のイメージが一番につくと思いますが、カットモデルにも種類がいくつかあります。そもそもはカットモデルというのは、アシスタントの人の練習代になってもらうものです。また新人スタイリストがお客を獲得するために格安でカットするものです。

また、サロン広告などその種類も多くあるため、カットモデル=無料というわけではないのです。橋本奈々未さんが無償でカットをしてもらっているとすれば、無償でのカットに加え、その他のメニューを施術する場合もあるということです。

簡単にいってしまえば、無償の変わりに経験の浅いアシスタントが練習代になってもらうために、本人に医師とは逆に自由にカットできるということです。橋本奈々未さんが無償のカットモデルを利用していたのか、格安でできるカットモデルを利用していたかはわかりませんが、ある程度のお金を浮かすためにしていたことは確かなようですね。

乃木坂46に加入した時からショートヘアがトレードマークのようになっていますが、このショートヘアができるきっかっけは、貧乏によってお金を少しでも浮かせるためにしていたことだったようですね。
スポンサードリンク

そもそも貧乏になった原因は?

乃木坂46の橋本奈々未さんがそもそもなぜ貧乏になってしまったのか!?すごく気になりませんか?北海道から上京してきて、東京の美術大学に進学し、自分の学費や生活費を稼いできたことはわかりましたが、その原因には3つありことがわかっています。

 

多額の父の借金が貧乏を築いた

 

今回、橋本奈々未さんが貧乏になったきっかけに一つがこのツイートからも分かるとおり、父親の借金なんです。この橋本奈々未さんの父親がどんな仕事をしていて、どんな人なのかは、全く情報としては出ていないんですが、橋本奈々未さんが、この父親の借金を完済したと言われていることから、その借金金額を想像してみるとこうなります。

まず、橋本奈々未さんの乃木坂46での活動を含めた推定年収は1200万程度だといわれています。確かな情報かは、わかりませんがこの金額の年収があったとし、活動期間が2011年からの活動から考えるとその間で返済できた借金が500万~数千万円だと言われています。

事実性ははっきりとはしませんが、学生時代の過酷な壮絶生活を送ってきた橋本奈々未さんにとっては生活の節約術は心得ているでしょうし、切り詰めた生活をしながら斜金返済に充てていたことも頷けるかもしれません。

ただなぜ父親がこれほどの借金を抱え込んだかは分かりませんが、これが一つの貧乏にさせていた理由でしょう。

 

弟の学費を稼いでいた

もう一つの橋本奈々未さんが貧乏生活を強いられていたのが、この弟の学費までも橋本奈々未さんが稼いでいたということです。現在の橋本奈々未さんの年齢は23歳で弟に年齢は19歳だといわれています。橋本奈々未さんとはちょうど4歳離れた弟になるわけですが、この弟の学費も支払っているんです。

弟は現在19歳ということからもわかるとおり大学生なんですが、どんな弟なのか気になりますよね!?じつは橋本奈々未さんが以前に755に投稿させていることもあってその素顔もわかるわけなんですが、やはりイケメンといった感じでしょうかね。

ただこの弟の情報は一般人とあって一切なく、どこの大学に通っているかなどもわかっていません。ただ大学に通っていることは事実のようですね。ただ気になるのは、なぜ橋本奈々未さんが弟の学費を払っているのか!?

橋本奈々未さんの父親が借金していたことからも、学費を支払えないというのが普通に考えるところですが、どうやらそれだけではなさそうで、この弟の学費を払っている理由には、「弟の学費を全額支払うのが夢」だと言っているそうです。

まあ、これだけに限らず、橋本奈々未さんは弟とは仲が良く、プレゼントをよくすることから、大学の学費も考えるようになったのかもしれませんね。お金がなくてというよりも、弟の為に学費を払いたいという意思からそうなったみたいですね。

 

まとめ

橋本奈々未さんの家が貧乏なのは確かな事かもしれませんが、父親の借金、弟の学費と、自分自身のことよりもまず家族の事を優先する考え方には頭が上がりませんね。こうした生き方が出来る人ほど幸せな生活を送ってほしいものだと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す