藤原紀香が火の国の神様を削除!失言の実態


藤原紀香さんが熊本地震について意味深な

「火の国の神様」という言葉を口にし

そしてブログを削除することが起きている

んです。

その失言の裏にある実態と真相はいかに!

 

スポンサードリンク


 

「火の国の神様」を削除した文面とは

藤原紀香 火の国発言

藤原紀香さんが今、なにかとお騒がせして

いる最中にまた世間を非難させるような

言葉を自身のブログの中でコメントしていた

んです。

 

 

その内容というのが、現在も地震が続いて

いる熊本で被災している人に贈られた

メッセージの中にその内容が含まれていた

んです。

 

 

その問題となった藤原紀香さんが綴った

ブログのキーワードには

「火の国の神様」という言葉を入れた

ブログの内容なんです。

 

 

そのブログは4月14日に書かれたものなん

ですが、18日現在ではそのブログの一文

が削除されてしまっているんですが、

その時の内容にはこんな言葉で書かれて

いたんです。

 

 

「私は東京にいますが、深夜に一人 震えが

止まらず、テレビを見つめています。

今夜は眠れそうにありません。

被害に遭われた皆様方、避難所や車の中に

避難されているみなさん、不安で不安で

たまらない夜を迎えていることだと

思います。

停電の中、緊急音が何度も何度も...

どれほど心細いでしょうか。

本当に本当に胸が痛いです。

現地の皆様、落ち着いて、どうか無事で

いてください。

助け合って、身を守ってください。

閉じ込められている方は、

絶対あきらめないで!

どうかこれ以上、被害が広がりません

ように。

そして火の国の神様、どうかどうか 

もうやめてください。お願いします。」

 

 

藤原紀香さんが自身のブログに綴った

この言葉とコメントに大きな批判が殺到

しているわけなんです。

 

 

この文は一部を抜粋したものですが

最後にある言葉にある「火の国の神様」!!

「そしてもうやめてください」という

言葉がこのブログで被災した熊本に

対しての思いを全て台無しにしている

ということなんです。

 

 

そして全ての、このブログでのコメントが

なぜか上から目線で語られていると

いうことにも疑問を感じる人が多い

ようです。

 

 

藤原紀香さんは兵庫県出身ということも

あり阪神大震災を経験しているよう

ですが、こういったところから共感する

気持ちがあってのこの言葉だったようで

すが、本当に震災にあった人間から

すれば、こんなブログを削除してしまう

ような書き方はしないはずなんです。

 

 

それが今回批判を受ける結果になった

ことには、間違いないかもしれません。

 

 

ただ藤原紀香さんは阪神大震災を経験

したことから、いつ何があっても後悔

しないように行動することを心がけて

いたと言われています。

 

 

それがこの「火の国の神様」発言に

なってしまったんですが、被災者の気持ちが

痛いほどわかるのであれば、もう少し

考えた内容をブログに投稿するべき

だったようにも思いますね。

 

 

「火の国」を例えにしたのはなぜ?

藤原紀香さんがなぜわざわざブログに

批判されるまでになった「火の国」を

ここで使ったのか気になりますが、

そもそも「火の国」というのは令制国の

一つとして以前に存在していた国なんです。

 

 

それが肥前国と肥後国の二つの国があり

肥前国が佐賀県や長崎県を指しており

肥後国は今の熊本県を指しているんです。

 

 

そしてこの肥前と肥後という言葉はのちに

火の国、肥の国と書かれるようになり

「火の国」と書いた場合には阿蘇山を擁する

ことから熊本を意味するようになった

そうです。

 

 

もともと佐賀県には雲仙普賢岳、熊本には

阿蘇山がることから多良山系火山があり、

火山が多いことから火の国と呼ばれるように

なったと言われています。

(ウィキペディアより)

 

 

そして藤原紀香さんが使った言葉にある

「火の国の神様」というのは、こういった

九州にある火の国にいる神様を指した言葉

だったということなんです。

 

 

非難するコメントが殺到

藤原紀香さんがブログでコメントした

内容には、「火の国の神様」そして

「もうやめてください」という部分に

大きな批判が殺到したわけですが、

仮に火の国と言う言葉を用いて地震に

対して謝る言葉に「やめてください」と

いう言葉でななく、神様に対する言葉

ならば「おやめください」と言う言葉の

方が適切だったといわれています。

 

 

また、批判する事がわかっていながら

投稿したのではないかとも言われて

いるんです。

 

 

悪意はないんだろうけど、ブログ書いたら

一度誰か添削してもらったほうがいいよ。

しかし、やらかしたことに負い目がある

ならそのこともいえばいいのに、なかった

ことにしたら印象悪いわ。

 

地震はプレートの歪みによって

起こるもの。

神様のせいじゃありません。

 

後々削除するであろう内容を書かないで

ほしい。自分の記事に自信もてよ。

 

こういった藤原紀香さんがとった行動に

対して軽率すぎるといったコメントが

かなり多く寄せられているようですね。

 

 

実際に阪神大震災を経験したかは

わかりませんが、実家が兵庫県だという

こともあり、震災に対して何かしたいと

いう思いはわかりますが、藤原紀香さんの

とった行動には心からの誠実さという

ものが感じとれない人が多いのでしょう。

 

 

ただ一方で藤原紀香さんのブログに

心温まるコメントが多数寄せられている

のも事実です。

 

 

震災は人の肉体的以上に精神的な

苦痛と強いられるものだと思いますが

そういった心の配慮が震災をした人たち

だけにしか意識を向けていなかったこと

にも問題があったように思いますね。

 
スポンサードリンク

 

震災を受けた人、経験した人、そしてその

周りで何かしようと考えている人など

多くの支援を考えている人たちにも

目を向けるべきですね!!

 

 

藤原紀香が熊本に行かないのはなぜ?

藤原紀香さんが、「火の国の神様」発言

をしたことで、嫌な気もちになった人も多く

いますが、逆に励まされている人がいる

のも事実としてあるはずです。

 

 

ただどうしても気になるのは、熊本で

地震が起こった後に芸能人の中には

ボランティアとして活動に向かう人も

大勢いるようです。

 

 

その中には、俳優の高良健吾さんが避難所

となっている熊本市内の小学校を訪れ

ボランティア活動をしていることが

取り上げられていましたが、彼はとくに

何も言わずすぐに行動をしていたことで

話題になっています。

 

 

またコロッケさんは、熊本出身という

こともあり、益城町の避難所グランメッセ

熊本などを慰問し、パン1500個と

巻き寿司1000本を無料配布しています。

 

 

日帰りなどでバタバタですが少しでも

役に立てればと思い飛び乗りました。

 

 

と行動し被災地に笑顔を届けています。

 

 

そしてお笑い芸人のトレンディ

エンジェルはM-1の副賞としてもらった

10年分の「どん兵衛」を被災地熊本へ

送ることを話しています。

 

 

みんながまた笑えるような関係を作って

いって、やれることはやっていきたい

 

 

こんなコメントを残しています。

 

 

ここには載せきれないほどの多くの

芸能人たちが被災地へ向かいボランティア

活動をする人、また今尚地震が続いている

中、これからの復興にも相当な予算がかかって

くることにも、募金活動をする人や寄付を

する芸能人の方が多くいるようです。

 

 

こういった芸能人の人たちは今自分

たちに何ができるのかを考えてすぐに

行動している人たちです。

 

 

藤原紀香さんのようにブログに綴り

心配する声と励ましのメッセージを受け

取った人からすれば、温かいメッセージ

かもしれませんが、本当に必要なことは

言葉以上に行動することのはずなんです。

 

 

すぐさま行動をうつした芸能人の多くが

こういった行動がとれているのに、

藤原紀香さんはなぜ、行動に移さなかった

のか少しばかり疑問になるところです。

 

 

テレや舞台、最近では結婚をし梨園の

妻となることで何かと話題にはなって

いますが、本当に行動できる人間こそが

優しさのある人間ではないのでしょうかね。

 

 

批判される内容をブログに上げたことで

悪気があったわけではないにしろ、

「火の国の神様」発言した一文を削除した

こと!!

 

 

こういった行動をする前にまずするべき

行動があったようにも思いますね。

藤原紀香さんが次に熊本に対してとる

温かい行動に期待したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す