深津絵里の母の余命!末期肺がんと書道家・諭美子の思い!


深津絵里の母親が実は世間の注目を集める書道家でもあるんですが、

すでに末期の肺がんと言うことがブログで分かったそうです。

深津絵里 母

毎日、痛みに耐えながら、書とアートを融合させたいわゆる「漢字アート」

とはどんなものなのか・・・・!?

 

スポンサードリンク


 

深津絵里の母が余命宣告を受けていた末期肺がんとは!?

 

 

深津絵里 母 ブログ

深津絵里の母が末期の肺がんということがわかったんですが、

すでに余命宣告を受けている状態!!

 

 

肺がんとはどんな病気なのか見た行きたいと思います。

 

 

まず肺がんという病気は、呼吸器疾患の中でも特に、悪性度が

高い病気と言われているそうです。

 

特に、深津絵里の母(諭美子)さんが末期肺がんと診断された肺がんに

多いと言われている、がんというのが大きく2種類に分類されるそうです。

 

 

「肺腺がん」

「大細胞がん」

 

この二つが末期肺がんに多いがんだと言われているようなんですが、

実際、深津絵里の母(諭美子)さんの肺がんが末期と言うことで、

どちらかの可能性があるかもしれませんね。

 

 

肺腺がんというのは、肺がんの中でも全体の50%~60%を占める

がんだと言われているんです。

進行速度は、様々で原因も様々らしいです。

 

 

そしてもう一つの大細胞がん!

癌細胞が大きいことが特徴のようで、このがんの進行速度が

かなり早いことが特徴のようですね。

 

 

そして末期肺がんというのは、他の癌の中でも特に、余命が短いと

言われているそうなんです。

 

 

そんな残りの人生をどう過ごしていくのか考えることが

必要なんですが、治療とQOLつまり、生活の質とどちらかを

優先させるかが大切な時期でもあるそうですね。

 

 

深津絵里の母、諭美子さんが選んだ選択とは!?

 

深津絵里 母 書道家

深津絵里の母、諭美子さんは、末期肺がんと診断されて

余命3カ月、長くて1年くらいと宣告されているんです。

 

 

今年にそれは、わかったそうなんですが、肩のしこりに

気づいたところ、病院へ行き下された診断が肺がんということ

だったんです。

 

 

4月に肩のしこりの切除手術を行ったそうなんですが、

すでに時は遅かったようで、すでに転移している状態だったと

いうことなんです。

 

 

「余命3カ月、長くて1年くらい」

 

 

こんな非情な宣告だったそうです。

 

 

そして毎日、首や肩、腕と痛みが続く日々・・・

 

 

 

深津絵里の母、諭美子さんが下した決断というのが、

放射線治療も抗がん剤治療もしないということ!!

 

 

残された人生を書道家として生きていくと言うこと

だったんです。

 
スポンサードリンク

 

諭美子さんは自身のブログでこう話しているんです。

 

 

「まだまだ沢山の方に恩返しができてないから・・・・・・」

「癌でも奇跡が起こる! いゃ起こして見せる・・・・・」

 

 

このブログで母の諭美子さんが見せた決意!!

深津絵里自身も母の思いを見届ける決意をしたそうですね。

 

 

現在、深津絵里の母、諭美子さんは余命3カ月宣告を受けて

すでにその宣告期間が過ぎているそうです。

 

 

書道家として、「漢字アート」を確立したすばらしい人!

書道家として人生を全うしたいと優先させるほどの決意の

現れ!!

深津絵里 母 賞

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

書とアートを融合させた独自の「漢字アート」がこんな素晴らしい

賞を受賞することができ、国内外でのこれまでの活躍が

実を結んだ結果なんだと思いますね!!

 

 

 

しかも、深津絵里の母、諭美子さんの父親も実は

書道家だったそうです。

 

 

母、諭美子さんが2003年頃に上智大学で書道を学び、歯ブラシ、ほうき、

たわし、ストローといったものを筆の変わりとして使って書いていく

独自性の高い「漢字アート」!!

 

 

書道家として、末期肺がんという現状の中で、病気と向き合いながら

戦う姿には、誰もが共感できるところではないでしょうかね!!

 

深津絵里 母 末期がん

実は、書道家として諭美子さんは、「諭黄」という名で活動をして

きたそうです。

 

 

 

それは、深津絵里が有名な女優であるということもあったとは

思うんですが、ただ、今回、「諭黄」という名から、実名の

深津諭美子を出したことには、ひょっとすると娘に対する

自身の生き方を

 

 

見てほしい・・・・・

 

感じてほしい・・・・・

 

 

そんな思いが込められているのかもしれませんね!!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す