西山茉希の事務所の社長はどこに!?所属タレントの行く末は


西山茉希さんがなぜここまでずっと黙り続けていたのかはわかりませんが、ここにきて13年間の給料が全く変わっていないだけでなく、事務所の社長とも連絡が取れない状態になってしまっているんです。

スポンサードリンク


 

西山茉希が所属する事務所名「オフィスエムアンドビー」はどこにある?

西山茉希さんが所属しているオフィスエムアンドビーという会社は、東京都にある会社なんですが、ここの社長が代表でもある「池田啓太郎」という人物なんですが、この会社がどんな会社なのか気になると思います。

もともと小さな会社のようで総従業員数もわずかに14名と少なく、主な業務としては・・・・

 

  • パンフレットや写真制作
  • タレントの育成
  • マネージメント

 

この3つを主に業務として行っているようです。そして気になるのが、所属している芸能人の方々ですよね!!

 

所属タレント(芸能人)は誰がいるのか?!

トラブルを報じられた事務所ですが、ここまで大きな事になると、さすがに心配になるのが西山茉希さんを始めとする、他のタレントの存在だと思います。このエムアンドビーの会社には約20を超えるタレントが所属していると言われいます。

 

  • 橘大五郎
  • 湯本雛子
  • JJCC(Japan Management)

 

色んなこと企んでるよ#ガニ股してるだけ#よくみるとじわる#このポーズが好きらしい

湯本 雛子さん(@hinako.yumoto31)がシェアした投稿 –


こうしたタレント以外にも総勢で20名ほどのタレントが所属しているわけなんです。そして気になるのが他のタレントですが、詳しくは公開されていないために、まだ新人や駆け出しのタレントが所属していることも考えられます。

 

西山茉希の13年間奴隷契約だと言われている社長との契約とは

言葉だけを想像すると、とてつもなく大きな問題だということもすぐにわかるかもしれませんが、その原因となったことが給料の未払いがあったと言う事なんです。そして奴隷契約だと言われていることにはこういったことがあるんです。

その前にまず、西山茉希さんが芸能界デビューを果たしたのが19歳という年齢の時です。当時、2004年にスカウトを受けてそのままデビューする形となったんですが、当時専属モデル「Cancam」で活躍しながら、映画やドラマ・・・・

さらにはバラエティ番組にも出演しCMにも起用されるほど、人気もかなりのタレントだったんです。そんな西山茉希さんが奴隷契約だと言われている理由には・・・・

 

  • 給料の未払いがある(2月から給料をもらっていない)
  • 19歳でデビューしてから月給が全く変わっていない

 

この2つだけも見ても、普通に考えてもまずあり得ないことだらけなんです。しかも西山茉希さんが言っている内容と実際に社長がコメントしている内容とには食い違いが合ったりもするんです。

 

「産休で仕事がなくても給料を払い、車もマネジャーもつけた」

「スポーツ報知に対しても、産休中にも50万~60万円を支払い、内容証明が送られたことを機に給料の支払いを止めた」

 

こんな説明を社長がしているわけなんですが、お互いの主張が食い違っていることもあって実際の真実がはっきりとわかっていないんです。そして、こうした給料未払い問題や月給が13年間変わっていないことに対して西山茉希さん自身にはこんな気持ちがあったことも関係しているんです。

 

「事務所が私を拾ってくださったことは事実ですし、本当に恩を感じています。

 

ただその一方で、西山茉希さんが所属する事務所の待遇が普通ではなかったことを知り、事務所を退職すようとする意思表示も見せてはいるんですが、これが逆効果になってしまい社長の周りの人間から悪い噂が流れるようになったんです。

 

お金を欲しがっている

 

・・・・・普通に考えても、なぜこういった言葉になって帰ってくるのかが理解できませんが、現実として帰ってきた言葉にはお金を欲しがっている西山茉希さんがいると言う事だったんです。

これが一つの事務所や社長に対しての不信感を持つきっかけにあったのかもしれませんが、その後に、西山茉希さんが2人目の子どもを妊娠した時に社長から言われた言葉!!

 

給料を半額にする
スポンサードリンク

本当に理解しがたい言葉をつきつけられるわけです。

 

社長「池田啓太郎」が給料を払えなくなった理由

現在も西山茉希さん自身は、仕事がしたくてしょうがないと話しているようですが、事務所を通して仕事がもらえない今の状況から、直接電話が西山茉希さん自身にもあったそうです。そして現在の問題もある中で、そもそも給料が支払えなくなった理由には社長自身がこう話しているんです。

 

マネージャーの一人が3500万円横領した

 

ということなんです。ただ、給料が払えなくなった時点で、そのままにしておく社長を見ると、何を考えているのかもよくわからないようにも思えますが、雑誌「女性自身」では、池田啓太郎社長が投資した事業で多額の借金を抱えてしまったとも言われていますね。

ただ気になるのは、本当のことを、西山茉希さんを始め、所属しているタレントに話していなさそうな事ですね。そして池田啓太郎社長はこんなことも話しています。

 

「広域暴力団も絡む事件で、これがなければ彼女にももっと払えていたかもしれません。時間を取ってくれれば、きちんとすべて説明しますよ。」

 

この言葉を言ったのが、社長自身であれば、近いうちに何かしらのアクションが起こるはずですが、心配なのは、西山茉希さん自身の今後への仕事への影響もそうですし、現時点でまだ所属しているタレントも何人かいるはずです。

こういったタレントたちの行く末も気になるところです。そして現時点でも、社長と西山茉希さんとの間に深い溝はしっかりとできたと思っていいかもしれません。

 

「どっちが奴隷かといったらうちらが奴隷。西山がこっちにかみついてきた」

「西山が去年、妊娠中に給料半額にされたと主張していることには「ドラマをやる予定が、飛ばしたわけです、子供ができて。イコール仕事をちゃんと考えてないわけです」と、育児で仕事量が減ったため、給料が減るのは当然」

「月給プラスいろいろな物とか買えというものを買ってますから」と600万円高級家具や、プライベートで運転手付き車で送迎するなど、給料以外でも手厚くしていた」

 

まとめ

この両者の言い分と、今後の西山茉希さんと池田社長の反論はどうなっていくのか気になるところです。ただ、池田社長が言葉に残している内容に・・・・

 

「西山を育てたのはぼくですけど、ぼくがちゃんと育てていればこんなことやらなかったと思う」

 

これがどういう意味を持たせているのかに注目が集まるような気がしますね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す