大島優子の女優としての実力は!?わざとらしいと評価される下手さはどこにある!!


大島優子がAKB48を卒業して女優としての道を歩き出している

最中なんですが、女優としての評価がまだまだという指摘が

あるみたいですね。

 

大島優子 わざとらしい

それは厳しい評価として、演技がわざとらしいと言われ、演技が下手とも

言われていますね。

 

どんなところにこんな指摘があるんでしょうか!!

 

スポンサードリンク


そしてあの女優からの厳しいダメだしに大島優子がとった行動なんですが・・・

 

 

大島優子と柴咲コウの見え隠れする女の闘い!!

 

 

大島優子の演技がわざとらしいと言われたり下手だと言われるのは

そもそも演技自体に経験が少ないのが原因だと思うんですが、

ドラマではそんなことも行っていられませんよね!!

 

ロイド大島優子 安堂

 

「安堂ロイド」

 

 

このドラマで柴咲コウからのダメだしがあったそうなんです。

 

 

それが演技のダメだしなんです。

それは事細かくダメだしをしたそうなんですが、発声法やセリフの

イントネーションが違うことなど、かなり細かく言っていたようですね。

 

 

 

良く言えば、大島優子を思っての演技指導なんでしょうけど、悪くとらえれば

演技が下手でわざとらしいと言っているようなものですね。

 

 

 

ただ、一方でこのドラマの主演が自身の柴咲コウであることを主張したかった

ともとれたりしますね。

 

 

 

真意はわかりませんが、こんなことがあったそうです。

 

 

大島優子が「銭の戦争」での演技が厳しい評価をうける原因

 

大島優子 銭の戦争

これまでに違うドラマでも演技が下手だと言われていたそうなんですが、

拍車をかけたのが、「演技が下手な女優ランキング」

 

 

こんなものが存在するんですね。

 

 

 

ここでの大島優子の評価は4位だったそうです。

 

 

 

まあ、つまり演技はわざとらしい、下手だと言われるきっかけにも

なっているかもしれないですね。

 

 

ただ、一方では絶賛されることもあるようで、公開された「紙の月」では

宮沢りえからは、かなり高い評価をもらっていましたからね!!

 

 
スポンサードリンク

 

恐らくは、まだ女優としての実力がついてこれない分、自身の人間性から

役としてハマるものには、ピタッとくるのではないでしょうかね!!

 

 

そして今回、演技がわざとらしいと言われた「銭の戦争」

 

そのシーンというのが泣くシーンでのことのようです。

それがこちら!!

 


 

確かに演技がうまいかと言われれば、少し微妙なような気もしますね。

今回のこのシーンなんですが、「銭の戦争」の最終回でのものなんです。

 

 

このシーンから見ると、やはりわざとらしいと評価されることや演技が

下手だといわれるのも、なんとなくわかるような気もしますね。

 

 

そして、こんな演技を評価する一番の理解者はAKB48時代の

ファンなんだということも言われているんです。

 

 

それは、AKBのドキュメンタリー映画でも同じ泣き方をしていたそうです。

 

 

 

こんなところから、演技が下手と言われたり、わざとらしいと言われたり

するんでしょうね。

 

 

ただ、多くの視聴者からは、絶賛する声があるのも事実で、演技自体には

賛否両論なんですね。

 

 

 

全員が全て絶賛するわけはまずないでしょうし、演技評価が

分かれからこそ、さらに成長できるんではないでしょうかね!!

 

 

 

これからの成長には誰もが期待している証拠ですね!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す