大山のぶ代が認知症!現在闘病する今の性格に旦那が気づく違和感


大山のぶ代の旦那、砂川啓介が、大山のぶ代の現在の姿を

ラジオで明かしたんですが、あまりにも辛い闘病生活!!

 

大山のぶ代 認知症

認知症と今戦う姿とその性格の変化に旦那と大山のぶ代の

意思はどう考えているのか気になるところなんです!!

 

スポンサードリンク


 

大山のぶ代の闘病生活に騙されいた!?

 

 

大山のぶ代といえば、「どらえもん」の声優として幅広い世代に

認知されている有名な声優なんですが、実は8年ほど前に闘病して

いたことがわかったんです。

 

大山のぶ代 旦那

 

それは、大山のぶ代が脳梗塞を患っていたという事実なんです。

そして、今、大山のぶ代に認知症は発症したそうなんですが、

その認知症の後遺症だと旦那である砂川啓介は思っていたそうなんです。

 

 

脳梗塞って何!?

 

簡単に言うと脳梗塞は脳の血管が詰まって血流が止まってしまう

病気のことなんです。

そして症状には、こんなことが起こるそうです!!

 

・顔や手足が麻痺し、片側しか動かせなくなる
・ろれつが回らなくなり、うまく喋れない
・口が閉まらずヨダレを垂らしてしまう
・めまいや立ちくらみが起こる
・目の焦点が合わない
・障害物がないのに躓く

 

こういった症状が前兆として起こるそうです。

ここ最近で、大山のぶ代に異変が起きていたことにもこの

脳梗塞が関係していると旦那の砂川啓介は思っていたそうです。

 

 

旦那の砂川啓介が大山のぶ代の現在の認知症症状を明かす

 

大山のぶ代 砂川啓介

大山のぶ代が人気アニメのどらえもんの声優として26年もの間、

活躍してきたんですが、その大山のぶ代が認知症であることが、

旦那の砂川啓介の口からラジオを通して発信されたんです!!

 

 

そこでは、今の大山のぶ代の認知症の進行具合や性格に

ついての内容だったんです。

 

 

旦那の砂川啓介の証言から認知症の進行程度を確認!!

 

 

「直前に話した内容を忘れる」

「入浴などの日常生活は一人では難しい」

「2分ぐらい前のことを忘れる」

「電話対応ができない」

「一人で留守番ができない」

「旦那やマネージャーの判別はできる」

「昔のことはあまり思い出せない」

「大山のぶ代自身に症状の自覚がある」

「料理ができない」

「洗い物ができない」

 

大山のぶ代の今現在には、こういった認知症の症状が出ている

そうです。

 

大山のぶ代 性格

大山のぶ代の年齢は現在78歳なんですが、実は認知症は

高齢になってから発症するものでもないそうなんです。

若年性で発症する人もいるため、大山のぶ代の年齢が高齢に

なってきたから認知症を発症したという考えは間違いかもしれないですね。

 
スポンサードリンク

 

そして今、大山のぶ代の認知症が発症したのが、約2年~3年前の

ことのようなんですが、徐々に認知症が進行していったようですね。

 

 

大山のぶ代の認知症による性格変化はあるのか!?

 

 

現在は、数分前の記憶を忘れているということが挙げられて

いるんですが、それ以外にも、細かな作業などもできなくなっている

ことから短期記憶力の低下がみられるようなんです。

また、一部の記憶が全て欠落した状態かもしれないですね。

 

 

 

ただ、今現在は、旦那の砂川啓介やマネージャーの顔の識別は

はっきりとできているようですし、大山のぶ代自身が意思表示も

あるみたいですね。

大山のぶ代 性格変化

 

「声優として仕事に復帰したい」

「私、もうだめだから・・・」

 

 

 

この言葉からも記憶の混乱や忘れることがあっても、

自分自身が置かれている状況に、まだ理解ができている状態

ではあると思うんです。

このことからも、性格自体には、今までとさほど変わらない状態で

あるかもしれませんね。

 

 

 

ただ、認知症を自覚できているということは、逆にいえば

これから旦那の顔も、今できていることも少しずつ、自身の

性格と一緒に変化していく可能性が考えられるということでも

ありますね!!

 

 

 

現在、脳梗塞だけでなく、認知症と闘う大山のぶ代は、治療として

投薬治療を続け体調をみながら仕事をしていく決意を表して

いますね。

 

 

また、認知症を患っていても身体はしっかりとしているそうです。

これが、今後の大山のぶ代の生活にどんな影響が出てくるのか!?

また、旦那の負担がどこまでのものになるのか心配になりますね。

 

 

認知症と向き合っていくことは、かなり大変で難しいことでも

あると思うんです。

お互いの肉体的、精神的な負担をどこまで軽減できるかにも

よるかもしれませんね。

薬の効果に期待したいところです!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す