笑福亭仁鶴が病気!パーキンソン病と年齢


笑福亭仁鶴さんがNHKの生活笑百科を降板することが噂されていますが、その原因にパーキンソン病という病気が関係していると言われています。笑福亭仁鶴さんが生活笑百科を欠席した理由に事実はあるのかを調べてみました。

スポンサードリンク


 

笑福亭仁鶴は病気か!?パーキンソン病の噂と年齢は関係しているのか

笑福亭仁鶴さんがパーキンソン病だと言われていますが、そもそもこのパーキンソン病とは何なのか気になると思います。言葉は知っていたり、ただ何となく知っている人もいると思いますが、実はかなり厄介な病気でもあるんです。

パーキンソン病は実は40歳~50歳以降に発症しやすい病気だと言われています。そしてこの病気の大きな特徴は・・・・

 

原因がわからない

 

ということなんです。現在でわかっていることは、進行性の病気である事と、』原因が不明の神経変性の病気だということです。そして日本においては、このパーキンソン病は約1000人に一人の割合で発病する病気だと言われているんです。

そして気になるのが、笑福亭仁鶴さんの年齢なんですが、生年月日が昭和21年生まれであると言う事からもわかるとおり笑福亭仁鶴さんの年齢は80歳とかなり高齢な年齢だということです。

そしてパーキンソン病の主な症状にはこういったものがあります。

 

  • 手脚が震える
  • 手脚がこわばる
  • 動作が緩慢になる
  • 転びやすくなる

 

パーキンソン病にはこういった症状がありますが、この病気の主な特徴として、歩く時に一歩目が出ずらいために、倒れやすかったり、脚がすくんでうまく歩けなかったりすることもあります。

また表情にも大きな変化ががり、表情が乏しくなることや、何もしていない時でも手足が震えるような症状がでてきます。ただパーキンソン病の症状は、他の病気からもこういった症状がお起こるために必ずしもパーキンソン病だとは断定することができないところもあります。

そのために症状の程度や範囲や病気の進行具合から判断することもあり、CTスキャンやMRI検査、核医学検査といった事から判断する事もあるそうです。そして気になるのが、笑福亭仁鶴さんにどういった症状が出てることから、そう噂されるようになったのか!?

それが・・・・・

 

  • 顔が小刻みに揺れている
  • 番組中、相槌を打っていることが多い

 

といったことからパーキンソン病ではないかと噂されているようなんですが、じつは笑福亭仁鶴さんは1986年から「生活笑百科」で室長という立場で司会進行を努めてきたわけなんですが、ここへきて今年の9月で勇退説が浮上しているんです。

その理由としてあるのが、今年の4月9日に行われたリニューアルにより新たに桂南光さんが室長補佐として番組の進行を担当していることなんです。そして桂南光さんの進行によって、笑福亭仁鶴さんの存在が大きく変わってしまったことなんです。

 

これまで笑福亭仁鶴さんが進行を努めてきた仕事が激減したことによって、ほぼほぼ相槌を打っているだけにしか見えないように感じるようになったんです。こうした2つの理由から考えても、顔に震えが来ていることがより目立ってしまっているんです。

 

本当にパーキンソンの病気かは不明!だが・・・・

笑福亭仁鶴さんが噂されている通り、本当にパーキンソン病なのかははっきりとはわかっていません。ただ年齢を重ねていくにつれて顔や首に震えがくることもあるんです。これは神経の老化によるものだそうですが、明らかに何もしていない時の笑福亭仁鶴さんの状態をみていると、震えが起こっていることも考えるとやはりパーキンソン病だということも可能性としてはあるのかもしれませんね。

 

笑福亭仁鶴の復帰と引退を示唆?!生活笑百科は?

やはり気になってくるのが、勇退説の事実性だと思います。現在、笑福亭仁鶴さんの年齢を考えると、この年齢で仕事をこなすと言う事はかなりすごい重労働のことに感じて仕方がありません。

普通に考えてもこの年齢でバリバリ仕事をするなんて考えずらいことです。そして室長補佐として桂南光さんの存在を考えるとすると、やはりこのまま生活笑百科を降板することになるかもしれません。

そしてこれまで生活笑百科を一度たりとも欠席することがなかった笑福亭仁鶴さんですが、32年目にして初めて番組を欠席していることもわかっています。笑福亭仁鶴さんが所属している事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」によると・・・

 

「体調を崩して大事を取って収録を休みましたが、今は復帰しています」

スポンサードリンク

笑福亭仁鶴さんが生活笑百科を欠席したことで心配する人も多いはずです。

 


笑福亭仁鶴が所属する事務所によると復帰しているとありますが、やはり年齢も高齢ですし、心配する声も多いはずです。

 

パーキンソン病は遅らせることもできる!しかし・・・・

できれば、笑福亭仁鶴さんには生活笑百科をどんな形でも続けてほしいと思います。しかし、元気な姿を見ることができる内はいいですが、次第に病気が進行していく心配もあります。現在、笑福亭仁鶴さんがパーキンソン病だとすると、進行速度はどの程度のものかも気になるところです。

パーキンソン病は個人差があるにしろ、進行していく病気。現在どの程度の進行にあるのかはわかりませんが、番組に出演できている間は初期の段階になのでしょうか!?ただ、司会進行を断念したことで相槌を打つことが多くなっていることを考えると、進行はやはり進んでいるという事かもしれません。

ただ、パーキンソン病は病気の進行を遅くしたりすることもできるそうです。

 

まとめ

笑福亭仁鶴さんの元気な姿を生活笑百科で見ることは何よりも元気をたくさんの人が貰っているように思います。できれば元気な姿を番組で見ていたいと思う反面、病気が深刻な状態にあるのであれば無理をせずでいてほしいと思います。

ただ体調を崩していただけであれば、また体調も戻り元気になるでしょう。ただ年齢も高齢ということを考えると、小さな体調不良であっても、身体を壊しやすくなることもあるので、くれぐれも無理をしないでいてほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す