高橋一生の萌え理由!ananと子役に共通する魅力と壮絶な過去


俳優として活躍している高橋一生さんですが、なぜかanan(アンアン)や子役時代に共通するある事から萌え理由が広まっているんです。その注目を集めている理由を調べてみました!!

スポンサードリンク


 

高橋一生のプロフィール

名前 高橋一生(たかはし いっせい)

生年月日 1980年12月9日生まれ

身長 175cm

正座 いて座

出身地 東京都

所属事務所 舞プロモーション

 

高橋一生さんは少し変わったかたのようで、身の回りのものに何故か名前をつけることをしているそうです。中でもおもしろいのが、自分の愛犬につけている名前で、その名前が何故か「肉山さん」だそうです。

愛犬ですよ!!愛犬に「肉山さん」ってつけるところになんだか不思議な人を感じてしまいますよね!しかも、それだけにとどまらず、普段、高橋さんが使っている身の回りの道具にも名前をいつけているそうでちょっと気になったりしますよね!!

ネーミングセンスがかなり個性的なためにここに萌える人もいるかもしれません。

そんな高橋一生さんの家族構成ははっきりわかっていませんが、兄弟がなんと5人もいるそうです。しかも長男だということです。どんな兄弟だったかは分かっていませんが、ひょっとすると1992年の出演したいた「愛らぶ家族」にその素が見えるところがあるかもしれませんね。

そんな高橋一生さんがデビューするきっかけになった作品が1990年に映画初主演となる「ほしをつぐもの」なんです。高橋一生さんが出演した主な作品には、「医龍」や「軍師官兵衛」「信長協奏曲」「民王」など様々なところで活躍しています。

特に俳優として人気ドラマにも出演している中で、多くの人の知られるようになったきっかけが2015年に放送れていたドラマ「民王」なんです。秘書・貝原茂平役を演じていたんですが、このドラマをきっかけに第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞。その他にも第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞しているんです。

ここから高橋一生さんが俳優としての名前が知られるようになったといえると思います。

そして俳優の仕事とは別にスタジオジブリ作品の「耳をすませば」に天沢聖司役としてアテレコにも参加しているんです。俳優だけでなく、声優として、映画や舞台とマルチに活躍をしている俳優なのです。

 

高橋一生の子役時代に萌え理由が!!

高橋一生さんの芸能生活は意外と長いものでもあります。最近になって俳優としてブレイクしたことで広く知られるようにはなっているんですが、デビューは古く子役時代にまで溯るんです。

当時1990年にデビューしているんですが、高橋一生さんはこの当時まだ10歳という年齢。この10歳の時に映画「ほしをつぐもの」に子役として出演しているんです。また同年にはテレビドラマでも活躍していて「ニューヨーク恋物語II・男と女」で戸上和典役としても活躍しています。

当時であれば、高橋一生という子役を覚えている人もいたのかもしれませんが、現在ブレイクしている俳優として認知されてることから、今の世代には少しばかり意外なのかもしれませんね。

そして現在の人気に合わせて高橋一生さんの子役時代にスポットが当たっているんですが、またこの画像をみると、世のおばさまたちにはかなりの好印象にもなるのは間違いのかもしれませんね!!

高橋一生さんの子役時代の画像がこちら!!

当時、9歳~10歳ころの画像なんですが、かなりかわいらしい印象であることがわかると思います。高橋一生さんの子役時代をしったファンの人らからは、やっぱり萌える要素がかなるあるのかもしれませんね。

そして高橋一生さんの子役時代の画像をみたファンからはやはり萌えるようなコメントがSNSでも話題になっているんです。

 


こんなコメントがSNSからはかなり話題に集まっているんです。やはりみんな高橋一生さんをみて萌えるんですね~!!

 

anan(アンアン)の画像が萌えるキメ手!!?

高橋一生さんにもう一つ萌えるポイントがあると言われているのが、雑誌「anan」に高橋さんが表紙を飾ったこともきっかけなんです。

 


特集が組まれた雑誌の中で魅せる高橋一生さんの姿がかなり萌える画像だったわけなんです。そしてまさか、ここまで高橋さんがするのか!?という声の方が大きかったのかもしれませんね。

この萌えのきっかになったのはまさしく雑誌「アンアン」の影響もあるんdねすが、何よりはやはり高橋一生さんの年齢を感じさせない無邪気な笑顔とそのギャップにある無表情な顔の時との差が萌える理由にあるとも言われています。

高橋一生さんの笑顔を一度みてもらうとわかると思います!!

この甘いマスクの中にあふれる無邪気さを感じさせながらも、どこかさみしそうな表情を裏に隠しているような顔!!例えるなら捨てられた子犬のようなさみしさを感じると思う人もいるかもしれませんね。

優しく柔らかい印象の笑顔を見ればやはり萌え~ってなっちゃうんですね!!

そして正反対の無表情な顔をしている時の高橋一生さんの画像がこちら!!

笑顔が萌えるようなかわいさがありながらも、表情に何もない時の高橋一生さんをみると、さみしさや過去に辛い経験をしてきて乗り越えて来た苦労感のようなものを感じてしまうかもしれません。

この感情が読み取りにくい感じを醸し出しているところも、ファンにとってはやはり謎めいた魅力を引き出す要因となっているんでしょうね。一言でいえば、萌える要素なんですが、裏を返すと底がしれない深さを感じさせながらも晒さない深さを感じるような気もしますね!!

 

高橋一生の過去は壮絶だった!両親と兄弟と過去

高橋一生さんが今や萌える俳優としてブレイクしている最中ですが、やはり子役からの下積み時代は壮絶なものだと思います。特に子役から人気俳優になれる人はその中でもほんの一部に人間しかいないくらいです。

スポンサードリンク

中でも高橋一生さんが子役としてデビューしてから、これまでの人生の中ではかなり過酷だった過去もあったそうです。それは努力だけでも済ませられる事でもないようなんです。高橋一生さんの兄弟には5人兄弟とあります。

しかし、父親がまた違うということなんです。高橋一生さんの母親は3回離婚をしていて、行ってしまえば高橋一生さんには3人の父親がいることになります。そして父親に関して言えば、一人目の父親をのぞきすでに亡くなられているのだとか。

また母親に関しても2015年の夏に亡くなっていることもわかっています。

 

そして高橋一生さんの実家は赤坂にあるといわれていますが、赤坂というとお金持ちのイメージを持ってしまいがちですが、本人いわく、そんなことはないそうで、田舎ものであると語っています。

ブランド店が並ぶイメージや社長が多いイメージがあると思いますが、青山と言っても他の街と何も変わらない庶民的な家だったと言われています。特にこういったお金持ちのイメージの街とはかけ離れた野菜を軽トラで売りに来る・・・・・

そんなところだったそうです。

高橋一生さんいわく決してお金持ちではないと言う事なんです。また母親が亡くなったこともそうなんですが、今となっては後悔していることもあるそうです。

 

「仲が悪かった時期が長く、10年ぐらい会ってなかった」と振り返る。「(弟の勇磨から、ガンだって聞いたが)会うとまた口喧嘩になってしまうので、『(母親が)弱まってから会わせて欲しい』と。そうしたら、ケンカにはならないと思ったんです。実際に会ったら、(母親から)『ごめんね』って謝られて、それで僕も『弟のことは大丈夫だから』と(言えた)」と寂しそうに語った。

 

こうした事をファンの間では知っている人もいるようで、高橋一生さんとして今の姿をみて、立派と思う反面心配にもなるようですね。

まとめ

高橋一生さんに萌えるという言葉が感じられるのは、こういった事がきっかけだったわけですが、ただこの「萌える」も少し違った萌えなのかもしれませんね。高橋一生さんを知ろうとすればするほど、深く分かりにくい見えない部分が出てくるのでしょうかね!!

そこが萌える一つの要素に加わっているのかもしれません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す